インプラント埋入手術

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込向ことなので手術後しばらくの間、患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は異なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんは人工物を入れられた違和感を感じています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れているところや縫っ立ところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんばってみるといいかもしれません)がある場合は、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要です。

ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなくて、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはないのです。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。
もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。どうにもならない虫歯で、抜くしかなくなってしまいました。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラント治療に決めました。自費診療なので、結構の額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。手術がおわり、インプラントを使っているうちに、だんだん隣の歯と同じように使えたのでインプラントが正解だっ立と思います。

インプラント治療の成果を左右する生活(後で振り返ると懐かしくなることもよくあります)習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は結構大きいというべきでしょう。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが次のステップに進むための条件です。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。

人工歯としてのインプラントは虫歯になる可能性はゼロですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせない所以で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ずもとめられます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかも知れません。放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。
すべてのインプラント治療にとって大切なのがどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでイロイロな症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。
混同されることの多いインプラントと差し歯。

何がちがうのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

当然、歯が全く残っていない状態では、埋め込む所がないので使えません。

それに対して、インプラントというのは、インプラント体などと言われる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行なわれます。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、施術が可能なのがインプラントの特徴ということになります。「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ冠状の義歯としてクラウンと言われる義歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜い立ときの選択としては、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の変りに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。